テクニカル分析の基本中の基本

テクニカル分析の基本中の基本


テクニカル分析の基本中の基本
FXというのは決して難しく考える必要は無く、FXは誰でも取引をすることが出来ます。
しかし取引前には知っておかなければいけないことがあるのです。

ローソク足というのは、FXの取引におけるテクニカル分析の基本中の基本と言われています。
一つ一つの動きが将来的な価格を保障しているというものではないですが、あくまでも変動の予測をする手助けとなることでしょう。
ローソク足はFXの取引の一つの手段ということで、他のいろいろな情報を併用していきましょう。
通貨の変動を予測することがFXではとても大事なことであり、それが勝つための常套手段となります。

分析方法として、長期的な相場の動きを予測することの出来るローソク足にはとにかく注目をしていましょう。
短期的な相場の動きを見るためには、日足などの期間の短いローソク足に注目をして賢い取引をしてください。



テクニカル分析の基本中の基本ブログ:18-11-12

あたくしはもともとある目的を持って、
二浪もして大学に入ったのですが、
人間関係やいろんなことに挫折して中退しました。

その目的のことしか取り組んでなかっただけに、
それを失ったあたくしは何もすることがなく、
ただ、仕事をしなければということだけで会社に入ります。

もともと自分に自信も持ってないし、
誇れるものも何もありません。
本当に人生に何も希望も持てない時間でした。

会社に行っても、
何の自信もない自分が女性に近づけるわけでもなく、
ただただ与えられた仕事をこなし、
家に帰って寝るだけの日々…

そんな日々を過しているあたくしに、
唯一心に感情を感じさせてくれたのが、唄でした。

日々日々、
好きなアーティストの唄を聴きながら過すうち、
かすかな気持ちが動き始めます。

あたくしもこんな唄を歌いたいなあ…
そんな気持ちに従うがまま、
押入れにしまいこんだギターを取り出し歌いはじめます。

そして、仕事を終えたあたくしは
家の部屋にこもって夜更けまで唄をうたう日々…

唄を歌っているときだけが、
自分が存在していると感じられる時間でした。

そのうち
あたくしのギターの技術が歌いたい
唄についてこなくなります。

そしてあるギター教室に通いはじめます。
そこで出会った先生が、
そんなあたくしをすごく優しく迎えてくれました。

ある日、その先生があるライブハウスに連れて行ってくれました。
そこは普段、色んなアーティストが音楽を演奏していますが、
1週間に一度素人にその舞台を開放してくれます。
「飛び込みDAY」という名がついていましたが…

その舞台で唄を歌うのがあたくしの楽しみになりました。
全然カッコよくはないですが…
唯一自分を感じられる、自分を表現できる場所でした。

テクニカル分析の基本中の基本

テクニカル分析の基本中の基本

★メニュー

FX情報サイトはトレーダー必見
より一層のFXで利益を出すために
FXに関する多くの情報を収集しよう
FX会社のキャンペーンや手数料に注目
損切りは必要不可欠の手段
運の要素が強いFXも実は情報戦
ローソク足を理解して相場の動きをチェック
たくさんのFX会社から徹底比較
様々なFXの税金対策方法があります
テクニカル分析の基本中の基本


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)FX完全情報倶楽部